Back to top
シェア
In stock

DRIPPER NANO CBD 300 (賞味期限2022/11/01)

¥ 9,600

DRIPPER NANO CBD 300について


DRIPPER NANO CBD 300 は、米国コロラド州産の高品質なアイソレートCBD を使用しています。
ナノCBDは超音波を使用し、CBD をナノサイズまで微粒子化させる「ソニケインョン」というプロセスを通ることで作られます。

CBDは本来約1,000nm3,000nm のサイズが一般的ですが、ナノCBD25nm-100nmが一般的なサイズになります
DRIPPER NANO CBD 300 は平均27nmの微細なナノ化を実現しています。

DRIPPER NANO CBD 300は親水性を持ち、コーヒーやスムージーなどのドリンクに入れて摂取することでも素早く吸収されます。
また従来のCBDは肌を構成する3 つの層( 表皮、真皮、皮下組織) を全て通過することはできず、その特定の部位へは浸透していきますが、他の部位への影響は低いとされています。
しかし、非常に高い親水性を有しているナノ化したCBDは肌が保有する水分と結合し易く、非常に高い吸収率を実現しています。
更に微粒子サイズであることで、皮下組織への浸透に留まらず、その一部は血中へと吸収されていきます。

SKU: CBDM-1000-1 カテゴリー: タグ:

ナノCBDについて


一般的なCBDオイル製品は舌下吸収が吸収効率が良いこともあり推奨されています。
しかし、すぐに飲み込んだりドリンクなどに混ぜて経口摂取をすると胃へと運ばれていき、胃酸による消化・分解が行われます。
その後、肝臓へと送られて更に分解が行われた後、小腸や大腸で本格的な栄養素の吸収が行われるという流れを作ります。
こうして時間をかけて吸収されていくことで、何度も分解が行われ、最終的な吸収率は10%前後まで下がってしまいます。

その一方で、 親水性をもつ乳化剤と融合したナノCBD は、体内では水そのものとして扱われます。
これにより胃の中での乳化や分解のプロセスが行われず、迅速かつ高い吸収率を実現しています。

 


摂取量について
CBDの1日の摂取量については正しい答えは人それぞれである、というのが最も適した答えだと考えています。
それにはいくつかの理由があります。お客様の体重、体質、耐性、それに加えて体の状態によって摂取量も異なります。
初めての方は少量から始めて頂き、調整しながら適量をお決めいただくことをお勧めします。

 

※独特な苦味がありますので、コーヒーやスムージーなどのドリンクに入れて摂取をお勧めします。

・一回5滴〜20滴を目安にご使用ください。

・商品には300mgのナノCBDが含有されています。

 

※本商品は医薬品ではございません。特定の治療、予防を目的としたものではございません。
※ごくまれにアレルギー発症例がございます。初めての方は少量でお試しいただく事をおすすめ致します。
※海外への発送は承っておりません。

Be the first to review “DRIPPER NANO CBD 300 (賞味期限2022/11/01)”

メールアドレスが公開されることはありません。

この商品のレビューはまだありません。

Translate »